コラム

ARO対策:オーサーランク最適化(Author Rank Optimization)サービス?

aro対策

変化は新たなジャンルを生む

Googleのマットカッツ氏の発言から注目を集める結果となった「Author Rank(オーサーランク)」。

「Author Rank(オーサーランク)」とは簡単に言ってしまえば、“誰が書いたものなのか”を重視して、それを検索エンジンのランキングに反映しますよ、というもの。

つまり、どこの誰だか分からない人間が書いたり作ったりしたコンテンツよりも、その道の専門家のコンテンツの方が信頼性もあって面白いものに違いない―、という考えに基づいている。

個人的には、どこの誰だか分からない人によって面白いコンテンツが突然生み出されるのが、ネットというメディアの特長では?とも思うけれども、このオーサーランクという考え方からすればそうではないらしい。

ちなみに、Googleがこのオーサーランクという概念を取り入れて今すぐ劇的に変化する―、ということではないのでその点は要注意。

Googleが変わってきたというよりも…

そもそもGoogleは、ランキングを決める際に被リンクを重視してきた。
つまり、他のサイトからリンクされているサイトというのはより良いサイトに違いない―、という考え方だ。

このランキングの評価の仕方というのは基本的には今も変わってはいない。
変わったのはGoogle自体の精度とネットの動向だ。

不自然な被リンクを弾き出せるようになってきた技術の向上。
それに加えてユーザーが使う個人メディアの変化。
つまり、以前は自作のホームページを使って何とか情報発信をしてきたことが、ブログやソーシャルメディアを使っての情報発信に変わってきたし、人気のあるサービスも常に変化してきている。

さらには、スマホやタブレットの普及で、ネットの見方も変わってきた。

紹介やリンクのされ方が変わってくるのも当然のことだ。

オーサーランク最適化サービス?

仮に、近い将来、このオーサーランクがランキングの評価のメインの指標となり、被リンクが意味をなさなくなって廃業するSEO業者があるとすれば、それはGoogleのせいではなく、時代の流れについて行けなくなっただけのことだ。(と、自分にも言い聞かせる…。)

SEO業者から●●業者へと変貌するだけのことだ。

ちなみに、このオーサーランクの話題を受けて、早速この手の対策をサービスとする所が現れた。

変化を危機と捉えるか機会と捉えるか―。

コンテンツに対していかに評価を受けるか…

オーサーランクにしろ、コンテンツSEOにしろ、今後はさらに“コンテンツ”に対して意識を注がないといけない。

ユーザーのためになる“良いコンテンツ”を作りましょう―、とは最近よく聞くフレーズではあるけれど、良いコンテンツだから評価されるのではなく(確かにそういう面もあるけれど)、評価され続けるコンテンツが“良いコンテンツ”となっていくのだということは忘れてはいけない。

結局はどのように評価されるかがポイントなるので、「ARO対策」などという新しいジャンルが出てくるのかもしれない。

[br num=”3″]

関連記事

  1. コラム

    上位にいるサイトの全てがライバルというわけではない。

    直接のライバルとならないサイトを相手にしても…。S…

  2. もっとしっかりやりましょう

    コラム

    「SEO対策講座」を見習ってはいけないこれだけの理由。

    SEO対策講座を見習ってはいけません。…

  3. コンテンツ

    東スポから学ぶアクセスを獲るためのタイトルのつけ方

    当たり前ですが―、アクセスを獲得する記事と、内容が優れた記事というのは…

  4. コラム

    鈴木将司氏について語ります。

    「こんなこと書いちゃって、鈴木さん怒りませんか?」大丈夫。…

  5. 炎上

    コラム

    美味しんぼに見る炎上“相乗り”マーケティング

    ユニークな意見というのはウェブの世界ではとりわけ大切ですが…

  6. Googleの変動

    コラム

    【業務連絡】Googleの検索結果変動について。

    昨日(23日)、今日(24日)と大規模な変動が起こっていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. コラム

    ARO対策:オーサーランク最適化(Author Rank Optimizatio…
  2. SEO関連用語集

    汎用jpドメイン名
  3. SEO関連用語集

    PDCAサイクル
  4. SEO関連用語集

    モブログ
  5. キーワード

    KEI(キーワード有効性指標)の活用
PAGE TOP