コラム

上位にいるサイトの全てがライバルというわけではない。

直接のライバルとならないサイトを相手にしても…。

上位にいるホームページが全てライバルというわけではない!

SEOでは上位表示することでアクセスを集めるわけですが、そのすべてがライバルになるわけではありません。

あなたの同業者はたくさんいるでしょうが、それぞれの”強み”には違いがあります。

あなたが価格重視なら、同様に価格をメインに謳っているサイトが競争相手となります。

その”強み”でライバルに勝っていれば、順位が例え下であっても成約に結び付くでしょう。
もちろん、お客さんに比較してもらうためには少なくとも1ページ以内(10位以内)にいる必要はありますが。

このように、SEOなどの対策を始める時は、業種や強みが被るサイトを目標に決めることが必要です。

検索エンジンからの集客を目指しているのに、ライバルのサイトを研究しないどころか、検索結果さえろくに見ていない―、という方もいらっしゃるので、まずは自分で実際に検索して調べてみる、ということが大切ですね。

関連記事

  1. コラム

    SEOの傾向は本当にコンテンツ重視に向かっているのか?

    グーグルの判定基準はますます多彩に…。SEOに…

  2. コラム

    Fw:『上司が年下割りキャンペーン | ハウスクリーニングならベアーズ』から考えるソーシャル時代の企…

    今回言いたいこととは違いますが…上司が年下って、実際はどんな感じで…

  3. コラム

    鈴木将司氏について語ります。

    「こんなこと書いちゃって、鈴木さん怒りませんか?」大丈夫。…

  4. コラム

    ARO対策:オーサーランク最適化(Author Rank Optimization)サービス?

    変化は新たなジャンルを生むGoogleのマットカッ…

  5. コラム

    タイトルタグで、キーワードは左、会社名は右ってホント?

    そもそも会社名を書かない方がいい場合も…。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. 高評価

    検索エンジンは、ページ数の多いサイトを評価する。
  2. SMO

    RSSの活用。
  3. メルマガ

    タイトルタグの書き方
  4. どんなサイトからリンクを受ければいいの?

    上位表示しているライバルサイトのバックリンクを調べる。
  5. SEO関連用語集

    コンバージョン(率)
PAGE TOP