リンク切れ(デッドリンク)を見つけるためのフリーソフト、Website Explorer(ウェブサイト・エクスプローラ)

今日のSEO川柳~リンク切れ アクセスした人 ちょい切れだ。~

 

こんにちは!桜井です。

夕方からコストコに行ってきます。
http://www.costco.co.jp/p/

なので今猛然と作業中。
買い物のあとは
でかいホットドッグを食べる予定。

本編はココから!

【リンク切れ アクセスした人 …】

 

「ちっ!なんだよリンク切れかよ」

あなたのサイトを訪れたユーザーが
記事の中に書かれてあったリンクを
ポチっとクリックした時に
こんなことになってしまったら…

そんなサイトを再び訪れよう―
という気にはなかなかなれないものです。

つまり評価を落としてしまいます。

それは検索エンジンだって同じこと。

ですので定期的にサイト内のリンクを
チェックしてみましょう。

イチイチすべてのページのリンクを
クリックしてチェックすると
かなりの時間がかかってしまいます。

そんな時に使っているのが
Website Explorer(ウェブサイト・エクスプローラ)というフリーソフト
http://www.interq.or.jp/engineer/umechan/webex/

使い方も簡単で、
ソフトを立ち上げてURLをコピーペーストして、
“開始”をクリックすればOK。

詳しくはサイトをチェックしてくださいませ。

 

本日はココまでです!

 

@@@ 今日のSEO川柳 @@@

リンク切れ アクセスした人 ちょい切れだ。

 

………

 

【編集後記】

 

前回の続きです。
http://www.minia.jp/newsletter-0047.html
(↑前回のメルマガ)

渋谷にある
Vantan という所の
放送作家コースに行くことになりました―
って話をしたと思いますが
(もう忘れてますよね)
とにかくそこに半年間行きました。

詳しくは書きませんが
そこで講師をしていた作家に声を掛けられ
その人の元で放送作家生活をスタートさせます。

ちなみにその方が役員をしていた
小さな制作会社に
社員として入ることになります。

が!

なってみて分かったんですが
(前もって調べないといけないんですが…)
放送作家って”作家”と付いてはいますが
会議でいかに面白い企画を考えられるかが勝負なわけで、
しかも前もって考えてきた企画よりも
その場で臨機応変にユニークなことを発言出来るかが
ポイントなわけです。

で―

この口下手、無口男が
臨機応変に発言出来るわけがなく、
ただただ苦痛以外の何物でもありませんでした。

しかも…

よくよく考えれば
人並みにしかテレビを見ない…
しかもラジオなんかほとんど聞かない…

「全然やりがいがない…」

そう思いながらも
最初の頃は結構やれることもありました。
というのも駆け出しの放送作家がやることは
“リサーチ”なんですね。

「人気の絶叫マシン」
「流行りのファッション」
「可愛い動物の赤ちゃん」
「家出少女」
「旅行で行きたいユニークなスポット」
「変わった食べ物」etc…

挙げればキリがありませんが
とにかく様々なことを調べてきました。

そこで利用したツールの一つが
インターネットです。

 

(続きは明日へ!)

 

本日もご覧頂き
ありがとうございました!
今週も頑張っていきましょう!

コメントを残す

このページの先頭へ