パンくずリストで、ユーザーと検索エンジンに優しいサイト作りを!

今日のSEO川柳~パンくずを まいてユーザー 迷わさず。~

 

こんにちは!桜井です。

昨日、コストコに行きました。
http://www.costco.co.jp/

ホットドッグとピザを注文して、
食べ過ぎでちょっと気持ち悪くなって…

今日中にチャーハンやガーリックトーストも食べないと…

本編はココから!

【パンくずを まいてユーザー …】

「今見てるページって、
このサイトのどの部分になるんだろう?」

あなた自身にも経験があるかもしれませんが
ホームページを見ていて、
今見てるページが
サイト全体のどの部分に該当するのか
分からなくなることってあると思います。

「この記事に関連する情報をもっと読みたい」
「この商品って、どのカテゴリに入ってるんだろ?」

そんな疑問を持つのはあなただけではなく
あなたのサイトを訪れたユーザーも一緒です。

そんな時に役に立つのが
“パンくずリスト”です。

分かりやすく例を挙げると
画像の矢印の部分です。

http://www.minia.jp/image/seo-in-pankuzu.gif

↑は楽天市場のキャプチャ画像ですが、
今見ているページが
サイト内でどの部分にあたるのかが
一目瞭然ですよね。

ちょっとしたポイントですが―
・見ているページのパンくずリストの部分はリンクを貼らない
・見ているページのパンくずリストの部分は太字にする

ユーザーだけではなく、
検索エンジンの通り道も確保すれば
両者からの評価も高まるというわけです。

 

本日はココまでです!

 

@@@ 今日のSEO川柳 @@@

パンくずを まいてユーザー 迷わさず。

 

………

 

【編集後記】

 

前回の続きです。
http://www.minia.jp/newsletter-0048.html
(↑前回のメルマガ)

その頃にはインターネットでの調べごとも
かなり主流になってきていました。

主流でしたが
誰の管理かも分からないサイトに載っている
情報だけを信じて
ネタを提供するわけにもいかないので
(その情報が間違っていたら怒られるだけではすみません…)
主に新聞の記事から探していました。

ただし、インターネットなんて
探し方さえ上手くやれば
誰にでも情報を探せるツールです。

仕事を振ってきたディレクターに

「あ、それ知ってる」

なんて言われたら
こっちの存在価値が下がるわけです。

なので無料で閲覧出来る新聞社のサイトからも
情報は探しつつ、
有料のサイトで記事を探していました。

よく使っていたのが以下の2つ。

新聞記事横断検索
http://gsearch.news.yahoo.co.jp/gs?ty=g

ジー・サーチ データベースサービス
http://db.g-search.or.jp/g_news/info_db.html?id=RXCN

ヤフーの「新聞記事横断検索」は
今でも使っているのですが
その下の「ジー・サーチ データベースサービス」は
非常によく利用しました。

全国紙はもちろん、
地方紙や専門誌、スポーツ紙や雑誌などを検索出来ます。
有料ですが、ネットに転がっていない情報が多数あるので
とても役に立ちました。

ファッションのことについて調べたい―
と思ったら繊研新聞を検索する―
という具合です。

このサービスも有料で
見出しを検索するだけでもお金がかかりますし
記事を閲覧するなら最低50円。
欲しい情報が載っていなかったらちょっと凹みます…。

その他のリサーチの手段は
図書館に足を運ぶことです。

 

(続き、また書きます。)

 

本日もご覧頂き
ありがとうございました!
暑さには注意しましょう!

コメントを残す

このページの先頭へ