メルマガ

検索結果に表示される部分で、一番長く見られているのは?

こんにちは!

ピークウェブの櫻井麻衣子です。

首都圏、昨日は大雪でしたね。

「犬は喜び、庭かけまわり
猫は、こたつで丸くなる」
と歌にはありますが

家でぬくぬく丸くなっている犬のほうが
多いような気がします。

我が家の愛犬も、丸くなる派です…

——————————————————–
目次
●100円でディスクリプション作成サービスのご案内
●検索結果に表示される部分で、一番長く見られているのは?

——————————————————–

★100円でディスクリプションを作成できるサービスがあります★

前回もご案内しましたが
私の友人のライティング会社で
100円でメタディスクリプションを作成してくれる
サービスをはじめました。

とても、お得なサービスだと思いますので、
再度ご紹介させていただきました。

詳しくはコチラで
http://writing-daiko.com/description/

 

★★検索結果に表示される部分、どこが一番見られている?★★

【クリックされないサイトの運命は?】

サイト診断をしていると、
基本的なことが出来ていないサイトを多く見かけます。

例えば

タイトルタグやメタディスクリプションが

・全ページ同じである
・ページの内容と合っていない
・クリックされる工夫ができていない

など、検索結果に表示される大切な部分を
疎かにしているサイトが多いのです。

検索結果に表示される部分(タイトル・説明文・URL)は
ユーザーに見られる部分ですので
どうしたら自分のサイトにアクセスしてもらえるか
よく考えて決める必要があります。

いくら上位表示されていても、クリックされなければ
Googleが、いつまでもそのサイトを上位に置いておくわけが
ありません。

 

【検索結果に表示される部分、どこが一番見られているか?】

ところで

検索結果に表示される部分で
一番長い時間ユーザーに見られている部分は
どこだと思いますか?

説明文(メタディスクリプション)の部分なんだそうです。

ここは、100文字程度記載することができますので
単純に文字数が多いから、読むのに時間がかかるとも言えますが…

ユーザーは、タイトルを見ただけではわからない情報を、
説明文の中で探しているとも言えます。

ですから、ユーザーの期待に応えるためにも

・タイトルと説明文が一緒
・キーワードを詰め込んだだけの説明文
・このページは、●●について書かれたページです。などの単純な説明文

というような手抜きはやめましょう。

ページの内容を見たくなるような書き方を
心がけてください。

クリックしなきゃわからないよ
クリックしたらいいことあるよー

と、期待感を持たせるのも一つの方法ですね。

 

【編集後記】

スタットレスタイヤがないので
今日は、徒歩で移動です。

いかに普段歩かないか
こういう時にわかります・・・

今日は以上です!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

またご連絡いたしますね!

関連記事

  1. メルマガ

    検索数の多い時期を把握しよう!

    ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─…

  2. メルマガ

    プレミアムドメインの探し方~期限切れドメイン探索編(1)

    今日のSEO川柳~期限切れ リンク集から 探します。~こんばん…

  3. メルマガ

    被リンク対策で使いたい「無料配布」をする際の3つのポイント

    今日のSEO川柳~無料にて ダウンロードで リンク得る~こんば…

  4. メルマガ

    ソーシャルブックマーク一覧~nofollow(ノーフォロー)の有無情報~

    今日のSEO川柳~nofollow ブックマークの 有無調査。~…

  5. メルマガ

    今後の衛星サイトの運営について

    衛星サイトの量産は、もう流行らない…こんに…

  6. メルマガ

    儲かるホームページを作るために必ずやるべきこと

    お客様1人を獲得するのに、いくらまでかけられるか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. その他

    相互リンクで外部リンクを獲得する方法
  2. SEO関連用語集

    ナチュラル検索(オーガニック検索)
  3. インデックスの第一歩

    ヤフーサイトエクスプローラー 日本語バージョン
  4. SEO関連用語集

    ハイパーリンク
  5. SEO関連用語集

    SEO関連用語集【あ行】
PAGE TOP