AuthorRank(オーサーランク)って知ってる?

こんにちは。ピークウェブの櫻井麻衣子です。

昨日のメルマガ、ゼブラアップデートはエイプリルフールネタでした。

やられた!と苦笑いしてくれた方、ありがとうございます。
困惑してしまった方、ごめんなさい。

今、友人たちと「SEO維新の会」という会を作り
SEOに関して、いろんな企画をやっていこうと企んでおります。
エイプリルフールネタは、その活動の第一弾でした。

ネタとはいえ、勉強になったことが多いので
いずれみなさんにもシェアしていきたいと思います

————————————————–
目次

●AuthorRank(オーサーランク)って知ってる?
●SEOコンシェルジュ モニター募集

—————————————————

AuthorRank(オーサーランク)って知ってる?

ランキングを決める要素は、多々ありますが
今後は、AuthorRankもランキング決定の一要素になるのではないかと
言われています。

もしかしたら、もう試験的に導入されているかも?

AuthorRankとは、コンテンツの著者への評価です。

AuthorRankがランキング決定の一要素になるということは
このコンテンツを誰が書いたか?
ということが重要になってくるということです。

匿名で書かれた情報より、実名を出して活動している人の情報を信じるのは
当たり前のことでしょう。

実名を出して、情報を公開する場合は
無責任なことは書けないでしょうし
名前やプロフィールを公開していると言うだけで
信頼に値するべきものです。

実際どうすれば、AuthorRankが評価されるのかは
わかりません。

しかし、ごくシンプルに考えれば

著者情報を設定し、Googleに自分が著者であることを伝える

シェアされるようなコンテンツを考えて公開する

公開されたコンテンツを見た人が、拡散していく

この繰り返しでしょう。

SNSも、より重要になってくるでしょうね。

こう話すと
AuthorRankをあげるために、しぶしぶ顔出し、名出ししてみようという
人が増えてくると思いますが

シェアもされないコンテンツしか持っていないのであれば
顔出ししたところで、著者評価があがるとは思えません。

著者情報を出せば、ランキングがあがるのではないかという
短絡的な考えは通用しないでしょうね。

今後のAuthorRankについての動き、気になりますね。

SEOコンシェルジュ モニター募集のご案内/3名様→5名様

昨日のメルマガで、
3ケ月コンサルティングサービス
その名も「SEOコンシェルジュ」をモニター価格で募集する旨を
ご連絡致しました。

お問合せ頂いた方の中で、
サイトをオープンして間もない方もいらっしゃいました。

ホームページ開設当初はもちろん
対策を始めたばかりという方は
施策をいくらやってもなかなか効果が感じられないため
気持ちが折れたり、
やっていることを信じられなくなったりと
難しい時期でもあります。

そんなツラい3ケ月を
正しい方向に向かって
一緒に頑張っていきましょう!
という意味も込められたサービスでもあるんですね。
3ケ月という期間を設けた一つの理由でもあります。

もちろん、SEOはそこで終わりではなくて、
それ以降も続いていくわけで
今後の道筋をつけていくための3ケ月でもあるわけです。

出来るだけ色々なタイプや、様々な状況のホームページを募集したいことに加えて
少しでも多くの方に応えたいと思いますので
3名様から5名様の募集に若干名、変更致しました。

サービス開始当初なので、スムーズに進行出来ず
期間がオーバーしてしまう可能性もありますが
精一杯やっていきますので
ご興味のある方は、お早目にご検討下さい。

http://www.minia.jp/seo-concierge/

今日は以上です!

—————————————————————-

★SEO対策でお困りの方へ
SEO対策で上位表示中!
ピークウェブの「アドバイス付きSEO対策」のお問い合わせはコチラ
http://www.minia.jp/seo-taisaku.html

★SEOセミナーDVDはコチラ
http://www.minia.jp/seminar/

★コンサルタントによるサイトは診断はコチラ
http://www.minia.jp/seo-shindan/

★企業の活動、SEO対策にプレスリリース!
http://www.minia.jp/pressrelease/

—————————————————————–

【編集後記】

近所の公園の除染作業が終わりました。

芝もなくなり、木もこざっぱり。

なんだか少しさみしいです。

今日は以上です!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

またご連絡いたしますね!

コメントを残す

このページの先頭へ