コラム

「パンダアップデート 4.0」「ペイデイローンアルゴリズムの更新」「著者重視」でお決まりの「SEO業者全滅」

パンダアップデート

ベクトルは一緒。

ここ最近比較的大きな順位変動が起こっている。
その最大の理由と考えられるのが「パンダアップデート 4.0」の導入。

それだけではなく「ペイデイローンアルゴリズム」の更新も実施。

ちなみに1週間ほど前には、グーグルのマットカッツ氏が、
「今後は被リンクで評価しない。誰が書いたかで評価する」
という内容のことに言及。

で、それぞれについて分かりやすくごく簡単にまとめてみたい。

「パンダアップデート 4.0」

・パンダアップデートとは、低品質なコンテンツやサイトを排除するアルゴリズム
・今回の4.0は、その扱いが少し「ソフト」になった(らしい…)
・英語圏では7.5%のサイトに影響(言語により差があり)

「ペイデイローンアルゴリズム」

・スパムが横行しがちなサイトに対するアルゴリズム
・影響はごく軽微

「著者重視へ」

・被リンクをサイトの評価から外す
・誰が書いたかを評価の中心へ
・ただし数年は被リンクも評価

「SEO業者全滅へ」

これらを受けて、毎度お決まりの「SEO業者全滅へ」という結論に落とす記事をよく見かけるが、SEO業者が全滅するだけで済むなら大したことではない…。

ただ、今回のアップデートにしろ、更新にしろ、著者重視にしろ、グーグルが目指す方向性、つまり「検索ユーザーにとって良いものを提供する」ということはなんら変わっていない。

そして「商用サイトは広告を使ってね」という目的も持っていることは言うまでもないので、グーグルからアクセスを得たいと考えるなら「検索ユーザーにとって良いものを提供する」のか「PPC広告(アドワーズ)を使う」のか、少なくともどちらかは外せなくなってきている。

というよりも、SEOにしろPPCにしろ、何かひとつに頼るやり方はとても危険なわけで、その中でも特にSEOは不安定この上ない…

ただ、中毒性のようなものを持っているのもSEOの特徴かなとは思うので、その点は厄介な存在なんだけど…

関連記事

  1. 最近の出来事

    続・YAHOO!ショッピングのリニューアルに関して

    リニューアルするのはいいのですが…ちょっと前に、「YAHOO!…

  2. コラム

    SEOの傾向は本当にコンテンツ重視に向かっているのか?

    グーグルの判定基準はますます多彩に…。SEOに…

  3. 最近の出来事

    1か月に1度の恒例行事?YAHOO!のインデックス更新

    サイト運営者に厳しい検索エンジンですが、ユーザーにも…もう…

  4. 最近の出来事

    携帯SEOも本格化!?グーグルが携帯向けOS「アンドロイド」を発表。

    携帯SEOは必要ですが、でもその前に…グーグルが携帯電話向けの…

  5. 最近の出来事

    マイクロソフトがヤフーに買収提案

    マイクロソフトのヤフーへの買収提案とその影響マイクロソフトがヤ…

  6. コンテンツ

    東スポから学ぶアクセスを獲るためのタイトルのつけ方

    当たり前ですが―、アクセスを獲得する記事と、内容が優れた記事というのは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. SEO関連用語集

    ライフタイムバリュー(Life Time Value)
  2. コラム

    ワールドカップでも活躍中のサッカー解説者やジャーナリストから考える、ソーシャルメ…
  3. 炎上

    コラム

    美味しんぼに見る炎上“相乗り”マーケティング
  4. 質問

    Q:衛星サイトのドメインは、IP分散したほうがいいですか?
  5. SEO関連用語集

    検索連動型広告
PAGE TOP