「パンダアップデート 4.0」「ペイデイローンアルゴリズムの更新」「著者重視」でお決まりの「SEO業者全滅」

パンダアップデート

ベクトルは一緒。

ここ最近比較的大きな順位変動が起こっている。
その最大の理由と考えられるのが「パンダアップデート 4.0」の導入。

それだけではなく「ペイデイローンアルゴリズム」の更新も実施。

ちなみに1週間ほど前には、グーグルのマットカッツ氏が、
「今後は被リンクで評価しない。誰が書いたかで評価する」
という内容のことに言及。

で、それぞれについて分かりやすくごく簡単にまとめてみたい。

「パンダアップデート 4.0」

・パンダアップデートとは、低品質なコンテンツやサイトを排除するアルゴリズム
・今回の4.0は、その扱いが少し「ソフト」になった(らしい…)
・英語圏では7.5%のサイトに影響(言語により差があり)

「ペイデイローンアルゴリズム」

・スパムが横行しがちなサイトに対するアルゴリズム
・影響はごく軽微

「著者重視へ」

・被リンクをサイトの評価から外す
・誰が書いたかを評価の中心へ
・ただし数年は被リンクも評価

「SEO業者全滅へ」

これらを受けて、毎度お決まりの「SEO業者全滅へ」という結論に落とす記事をよく見かけるが、SEO業者が全滅するだけで済むなら大したことではない…。

ただ、今回のアップデートにしろ、更新にしろ、著者重視にしろ、グーグルが目指す方向性、つまり「検索ユーザーにとって良いものを提供する」ということはなんら変わっていない。

そして「商用サイトは広告を使ってね」という目的も持っていることは言うまでもないので、グーグルからアクセスを得たいと考えるなら「検索ユーザーにとって良いものを提供する」のか「PPC広告(アドワーズ)を使う」のか、少なくともどちらかは外せなくなってきている。

というよりも、SEOにしろPPCにしろ、何かひとつに頼るやり方はとても危険なわけで、その中でも特にSEOは不安定この上ない…

ただ、中毒性のようなものを持っているのもSEOの特徴かなとは思うので、その点は厄介な存在なんだけど…

コメントを残す

このページの先頭へ