キーワードの出現頻度はどれくらいが良いのか?

あまり意識し過ぎるのもいけませんが…

キーワードの1ページ内の出現頻度はどれくらいが良いのか…。

ちなみに「キーワードの出現頻度」とは、例えば“お歳暮”がメインのキーワードとした場合に、1ページ内の総単語数のうち、“お歳暮”という言葉がどれくらい含まれているか、ということを意味します。

一般的に言われている数字は「5%」前後です。ただしあまり意識すべき数字ではありません。意識するあまり不自然な文章になるようなら、それこそ本末転倒でしょう。

あまりにも割合が突出するようだと、ペナルティとなってしまう場合があるので注意が必要ですが、特定のキーワードについての文章を記述していれば、自然と5%近い数字に落ち着くはずです。頭の片隅で憶えておくくらいがちょうど良いのかもしれませんね。

ただし、対策を施したいキーワードが一番の出現頻度でなくてはいけません。 他のキーワードの方が高い割合で出てきてはいけませんよ。 ここはしっかり押さえておきましょう。

また、↓のような便利なツールも提供されていますので、参考までに使ってみるのもいいと思います。
出現頻度を調べたいページのURLをコピペして、解析ボタンを押すだけですよ。

キーワード出現頻度解析 

コメントを残す

このページの先頭へ