逆効果

SEOスパムの基礎?隠しテキスト(極めて小さい文字の場合)

テキストだと判別できないくらい小さい文字も…

あまりにも小さいサイズでテキストを書くことも、隠しテキストとして、SEOスパムに該当してしまいます。

サイズを1pxなどに指定してテキストを並べれば、ユーザーには、あたかも装飾ラインが書かれているように見えるはずです。

ユーザーにはラインとして認識させ、検索エンジンにはテキスト情報として判断させる― このような手法もSEOスパムとなりますので、避けてください。

もちろん、悪意があるかどうかは、検索エンジンには関係ないことです(というよりも、それこそ検索エンジンには判別できないことです)。

関連記事

  1. 逆効果

    SEOスパムの基礎?隠しテキスト(背景色と同色の場合)

    SEOスパムとしては、かなり知られたモノではありますが…SEO…

  2. 逆効果

    フレーム構造はSEOには不向きです。

    最近は、フレーム構造のサイトは、あまり見なくなりました…フ…

  3. 逆効果

    FLASH(フラッシュ)を全面に使うことは避けましょう。

    グーグルは、FLASH(フラッシュ)内部のテキストも読めるのですが……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. インフォメーション

    SEOゆるキャラ「瀬尾係長」
  2. メルマガ

    効果的なタイトルタグを決める方法
  3. 最近の出来事

    Sphinn Japan 始動。(08/10/10)
  4. 最近の出来事

    SEOより以前の問題ですね…(08/09/05)
  5. SEO関連用語集

    ムーバブルタイプ(Movable Type)
PAGE TOP