階層の浅いサイト構造を心がける。

少ないクリック数で、すべてのページにアクセス出来るようにします。

階層の浅い構造のサイトは、当然のことながら少ないクリックですべてのページを見ることが可能です。

もちろん適切にリンクしていなければなりませんが、クローラーにとってもユーザーにとっても、ストレスの少ない構造を作るのは重要なことです。

ちなみに、ここで言う階層の浅いサイトとは、ディレクトリ構造が浅い―、ということではありません。深いディレクトリであっても、サイトのトップから浅い場所、すなわち少ないクリック数で到達できる構造であれば、それは“浅い階層”であるということができます。

もちろん、サイトの管理をしやすいように、ディレクトリとサイトの階層を同じ構造にしとくのも、ひとつの方法だと思います。

いずれにしろ、ユーザーにも、検索エンジンのロボットにも、余計なストレスを与えてはいけないということですね。

 

ホームページの階層の説明
階層を浅くして、少ないクリック数ですべてのページにアクセス出来る構造を。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ