Google AdWords : キーワードプランナー(旧キーワードツール)の使い方とキーワードを探す方法!

Google AdWords(グーグルアドワーズ)のキーワードプランナー(旧キーワードツール)を使って、キーワードを検証しましょう。

キーワードを探したり検証したりする場合はツールを活用すると便利です。
その中のひとつに、グーグルが提供するキーワードプランナーがありますので使い方を紹介します。

キーワードプランナーはアドワーズ広告の運用ツールのひとつです。
ですので前もってアドワーズのアカウントを作成しておく必要があります。

アカウントを作成したらIDとパスワードを記入して早速ログインしてみましょう。

adwordsにログイン

ログインしましたら最上部のメニューの並びに『運用ツール』があると思うのでクリックします。

すると『キーワードプランナー』というリンクが表示されますのでさらにクリック。

運用ツールのキーワードプランナー

さらに『新しいキーワードと広告グループの候補を検索』をクリックします。

『新しいキーワードと広告グループの候補を検索』をクリック

以下のような画面になりますので『1つ以上の項目を指定してください:』の下にキーワードを記載し、『候補を取得』をクリックします。

候補を取得をクリック

ここでは試しに「ダイエット」というキーワードで検索してみました。

次に『キーワード候補』のタブをクリックします。

キーワード候補をクリック

すると以下のような画面になったはずです。

「月間平均検索ボリューム」「競合性」「推奨入札単価」

「月間平均検索ボリューム」「競合性」「推奨入札単価」とありますが、意味は以下のようになります。
ただ、表示されている数値は目安として受け取って下さい。

……

「月間平均検索ボリューム」=対象のキーワード(完全に一致するもの)が 12 か月間に検索された回数の月平均の値です。

「競合性」=広告掲載で各キーワードを使用している広告主数と、Google の全キーワードの広告主数を比較して相対的に表した指標です。

「推奨入札単価」=キーワードのクリック単価(CPC)から算出された値です。

……

このケースでの簡単な見方としては、「ダイエット」単体では“月間平均検索ボリューム”が550,000件あることが分かります。この数値は非常に大きなものです。
数万件でもビッグキーワードと言えますから“超”が付くほどのビッグキーワードと言えるでしょう。

さらに“競合性”が“高”となっているのが分かります。
このキーワードで競合しているサイトが多いことを意味しているわけです。
この競合性はあくまで広告に関する競合サイトを意味しますが、SEO対策(自然検索)においても考え方の方向性は同じです。

つまり、ライバルが多く、上位表示するのは困難だけれども、仮に上位化した場合にはアクセスが集まるキーワード、ということが言えるわけです。

ただ、気を付けなければいけないことがあります。

「ダイエット」のような単体で、かつ、検索数の多いキーワードは成約率が下がる傾向にあります。アクセスが集まる割には成約に結び付きにくいと言えます。

なぜなら「ダイエット」で検索する人が欲しているものは多種多様だからです。

複合キーワード(複数のキーワードを組み合わせたもの)を見ると分かるように、運動や食事、身体の部位だったりと実に様々な情報が探されています。

つまり、ここで重要なのは、あなたのサイトに合った「複合キーワード」を見つけることでしょう。

SEO対策を施す上で複合キーワードを軽視する人も中にはいるかもしれません。

しかし、検索エンジンを使ってユーザーが情報を探す際に、単一キーワードのみで検索する人の割合は、1割強しかいないというデータさえあります。9割近い人はキーワードを組み合わせて検索しているというのが現状なのです。

ついついビッグキーワードで上位表示を目指すことばかり考えがちですが、競合サイトが多いと、なかなか思うような結果は出てきません。なので、もっともSEO対策を施したい、メインとなるビッグキーワードをひとつ決めたなら、そのメインのキーワードと関連のある複合キーワードで確実にアクセスを獲得していくというのがベストと言えます。

例えば「“ダイエット”でSEO対策をする!」と決めたならば
サイト内の各カテゴリは、

「ダイエット食品」
「簡単ダイエット」
「ダイエット日記」

などにするというのは、常套手段と言えるでしょう。

Sponsored Link
※SEO対策講座は、wordpress賢威テンプレートで構築されています。

コメントを残す

このページの先頭へ