キーワード

アクセスログ解析からキーワードをゲットする。

アクセス解析も、SEOには必須です。

どんなキーワードで検索して、ウェブページに辿り着いたのか。すなわちユーザーはどんな情報を欲しがってあなたのサイトに辿り着いたのかが分かれば、どんなキーワードでSEOを施せばいいのかも分かってくるはずです。もちろんこれは、すでにホームページが存在していればの話になります。

ちなみにアクセス解析には3つのタイプがあります。
「サーバログ型」「パケットキャプチャ型」「ウェブビーコン型」。

使い勝手や、取得できるデータなどを考えると、「ウェブビーコン型」がいいようですし、無料で、しかも高機能なサービスも提供されていますので、導入していないサイトも、今後はこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

代表的なものに、またしてもグーグルの提供ですが(いや~、グーグルはやっぱりスゴイですよね)、Google Analytics(グーグル アナリティクス)というサービスがありますので、コチラを使ってみましょう。各ページにタグを書き足して、ファイルをアップするだけです。

 

Google Analytics グーグルアナリティクス

 

アクセス解析をしてみて、あるユーザーがあるキーワードでサイトに到達しているのに、そのキーワードに関連したコンテンツがなかったり、内容が薄かったりした場合は、サイトの中身に問題があると考えるべきでしょう。これはキーワードの選定とはやや離れますが、大切な要素となります。

関連記事

  1. キーワード

    SEO、はじめの一歩。キーワードの選定から始めよう。

    どんなキーワードで検索されたいですか?インターネットの普及が進…

  2. キーワード

    キーワード選定とSEO対策のまとめ

    SEO対策のキーワードは決まりましたか?どのキーワードでSEO…

  3. キーワード

    キーワードツールを使って、ライバルサイトからキーワードを奪取!

    グーグルのキーワードツールでライバルサイトをチェック!これ…

  4. キーワード

    キーワードを書き出してみる!!

    アナログな方法ですが、これが一番効きます!?まず単純なことです…

  5. キーワード

    KEI(キーワード有効性指標)の活用

    SEOにはKEIは欠かせません。が、サービス終了で…ここでKE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. SEO関連用語集

    SMO(Social Media Optimization)
  2. 内部リンク

    リンク切れ(デッドリンク)をチェックしよう!
  3. メルマガ

    リンク切れ(デッドリンク)を見つけるためのフリーソフト、Website Expl…
  4. 動画講座

    見出しタグを論理的に使おう【第7回】
  5. メルマガ

    相互リンクの可否を判断する3つの基準
PAGE TOP