内部リンク

SEOの効果を上げるために、1ページ内のリンク数は少なめに。

グーグルのガイドラインにも記載されていますよ。

1ページ内のリンクの数も重要な要素です。有効なSEO対策と言うよりも、マイナスの効果とならないために実践したい事項となります。

ちなみにグーグルのガイドラインによると、しっかりと『ページのリンクの数を適切な数に抑える (100 未満)。』と記載されています。

では「100までなら大丈夫なのかな?」ってことではなく、適切な内部構造を意識しようということです。トップページから大カテゴリ、その下に小カテゴリがくるような、ユーザーが見やすい作りをすべきなのです。

1ページ内にあまりにも多くのリンクが存在すると、ロボットは正確にすべてのリンクを把握することが出来ないばかりか、過度のリンクは検索エンジンスパムと判定されかねません。

SEOを意識するあまり、ペナルティをもらったのでは、せっかくの対策も水の泡となってしまうので注意しましょう。

関連記事

  1. 内部リンク

    関連性のあるページ同士をリンクさせる。

    縦のつながりと、横のつながりを意識します。バックリンク(被…

  2. 内部リンク

    リンクをする際の注意点(<a>タグの使い方)

    画像リンクよりも、テキストリンクで。サイト内でも当然多く使うの…

  3. 内部リンク

    リンク切れ(デッドリンク)をチェックしよう!

    デッドリンクは、ユーザーと検索エンジンからの評価を落とします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. メルマガ

    Googleの新しい検索技術 ナレッジグラフについて
  2. メルマガ

    あなたのサイトが”選ばれる”方法
  3. SEO関連用語集

    サブドメイン
  4. SEO関連用語集

    キーワードターゲティング広告(検索連動型広告)
  5. メルマガ

    アップデートで影響を受けたサイトの傾向って?
PAGE TOP