LPO

Yahoo!検索(検索ボックス)設置方法

Yahoo!検索は簡単に設定可能です。

前回に引き続き、サイト内検索を設置する方法を紹介します。今回は無料で検索ボックスを利用できる、メジャーな方法です。まずは、「Yahoo!検索(検索ボックス)」です。

 

Yahoo!検索

 

これはいたって簡単。簡単な分、カスタマイズなどはほとんど出来ませんが、さまざまなパターンのタグが用意されていますので、自分のサイトに合う形を決めたら、そのタグの内容を少し変更すればOKです。

タグ内の▲▲▲の部分をサイトの文字コードに合わせて変更し、●●●の部分をサイトのドメインに変えて、そのタグをサイト内に貼り付ければ完了です。

LPO対策の一部として扱っていますが、サイト内検索はそれに限らず、ユーザビリティを向上させる一つの手段ですから、是非設置することをオススメします。次回はグーグルを取り上げます。

関連記事

  1. LPO

    Google フリー検索 (ベーシック版)

    Google フリー検索も、タグをサイトにペーストするだけです。…

  2. LPO

    検索向け AdSenseを設置し、サイト内検索として利用する。

    グーグルのアドセンスを利用すると、報酬も獲得できます。これ…

  3. LPO

    どのページにも適切で共通のメニューを(LPO対策)

    SEO対策にも欠かせない内容ではあります…メニューなどのリ…

  4. LPO

    Google フリー検索 (カスタマイズ版)

    デザインなどを簡単に変更することが可能です。グーグル フリ…

  5. LPO

    PPC広告と、LPO対策。

    LPO(ランディングページ最適化)対策でよく言われるのは、PPC広…

  6. LPO

    LPO対策(ランディングページ最適化)を始めよう。

    LPOとは、ランディングページ最適化と訳されます。LPOってご…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. ディレクトリ登録

    クロスリスティングの「クロスレコメンド」
  2. 内部リンク

    SEOの効果を上げるために、1ページ内のリンク数は少なめに。
  3. インフォメーション

    ピークウェブのSEO対策
  4. メルマガ

    リンク切れ(デッドリンク)を見つけるためのフリーソフト、Website Expl…
  5. メルマガ

    有料リンクとペナルティ、効果的な有料リンクの見極め方
PAGE TOP