LPO対策(ランディングページ最適化)を始めよう。

LPOとは、ランディングページ最適化と訳されます。

LPOってご存知ですか?「ランディングページ最適化」と言われますが、現在はこのLPO対策も重要な要素となっています。なので何回かに分けて、このLPOについて触れていきたいと思います。

すでにこれまでの項目の中でも、LPOに関連する内容は扱っているのですが、そもそもLPOとは?ってところから触れていきたいと思います。

さきほども記述しましたが、「ランディングページ最適化」と訳されるLPO。ランディング(=着地)ページ、すなわち、ユーザーが最初に訪れたページを最適化することで、あなたのサイトの目的を達成しようというものです。

なぜ、このLPO対策が注目されるようになったのでしょうか?

ネットユーザー数が順調に増加し、検索エンジン経由のユーザーがますます増えてきた現在、進化し続ける検索エンジンを利用するユーザーは、必ずしもトップページからやってくるとは限らないからです。

サイトによって違いはありますが、トップページに“ランディング”するユーザーの割合は2~3割程度。その他のユーザーはトップ以外にやってくるわけです。そこにLPO対策の必要性があるのです。

さて―、

検索エンジン最適化は、簡単に言ってしまえば、検索エンジンに気に入られよう~、というものですが、LPOは、「サイトの目的達成のために、各ページを最適化しよう~」ということで、サイトごとに対策方法が違います。

商品を売っているサイトやサービスを提供するサイト、資料請求をしてもらいたいサイトなど、それぞれのサイトに目的があります。その目的に従って、それぞれのページを作りこんでいく必要があるわけですが…

ここでは、どのサイトにも共通する項目を扱っていこうと思います。次回以降で説明していきます。

コメントを残す

このページの先頭へ