検索エンジンは、ページ数の多いサイトを評価する。

SEO対策には、ページ数の拡張も必要です。

ページ数の多いサイトほど、検索エンジンの上位に表示されやすくなります。
もちろん、ページ数が多いだけではダメで、テキスト量も必要にはなるのですが、これはなぜでしょうか。

単純にページ数が多いから、検索エンジンは評価しているという捉え方も出来ますが、さらに言えば、ページ数が多いサイト(=コンテンツが多いサイト)は、必然的に外部リンクを得やすくなり、被リンクの数が多くなりやすいということが言えます。

また、適格な内部構造にすることで、自サイト内の多くのページから、お互いにリンクを受けることになることも一因です。さらに、多くのページを作成するということは自然と更新頻度も高まり、その点においても高評価受けることが考えられます。

適切な内部構造に従って、オリジナルのページを出来るだけ多く作成することも重要なのです。

 

※関連記事:SEOの傾向は本当にコンテンツ重視に向かっているのか?

コメントを残す

このページの先頭へ