SEO 内部要素対策とは?(HTMLの構築)

内部対策とは検索エンジンへのラブレター

人間はホームページを見て、

「このサイトは●●について書かれたホームページだな」

と理解します。

検索エンジンもそれは同じです。
でも、人間と同じように見ているわけではありませんし、人間のように柔軟に見てくれるわけでもありません。

Sponsored Link

書くべき所にしっかりと書いておかないと、検索エンジンは違った見方をしたり判断が出来なかったりするのです。

つまり内部対策とは、

「このホームページは●●について書かれたサイトですよ!」

と検索エンジンに正確に伝えるための施策なのです。

相談を受けるサイトには、この内部対策がしっかりと出来ていないホームページがとても多いのです。

しかも一番大切な所が出来ていなかったり、かなり適当だったりするのです。

好きな人に、

「自分はこんな人間だよ!」

と伝える時はきっと必死になるはずです。

検索エンジンにも、同じくらい必死に伝えてみてください。

言うなれば、内部対策とは検索エンジンへのラブレターなのです(かなり大げさですが…)。

検索エンジンにあなたのホームページを正確に伝えること―、これはSEO対策の第一歩でもあり、非常に重要な項目でもあります。

 

SEO内部対策メニュー

どんなキーワードでSEO対策をすべきなのか?

[catlist name=キーワード numberposts=30]

まずは、“タグ”を押さえよう。

[catlist name=タグ numberposts=30]

リンクをする際に心がけておきたいこと。

[catlist name=内部リンク numberposts=30]

検索エンジンは、どんなサイトに高い評価を与える?

[catlist name=高評価 numberposts=30]

サイトの全体像をユーザーと検索エンジンに伝えよう

[catlist name=全体像を伝える numberposts=30]

こんなことは、避けるべきです。

[catlist name=逆効果 numberposts=30]

LPO対策の重要性。

[catlist name=LPO numberposts=30]

その他の重要なこと。

[catlist name=その他 numberposts=30]

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ