SEOより以前の問題ですね…(08/09/05)

お恥ずかしいですが、つい最近まで気づきませんでした…

先日、Google Chrome(グーグル クローム)の話題をこのサイトでも取り上げました。簡単に試してみたのですが、そのグーグルクロームで自分のウェブサイトを見てみたのです。ほとんどは表示上の違いはなかったのですが、一番重要とも言える見出しの部分が以下のようになっていました…

IE(インターネットエクスプローラー)

IE(インターネットエクスプローラー)で見てみます。

 

Google Chrome(グーグル クローム)やFirefox(ファイヤーフォックス)

Google Chrome(グーグル クローム)やFirefox(ファイヤーフォックス)で見てみると、消し線になってる…(汗

 

実は今まで、IE(インターネットエクスプローラー)でしか見たことがなかったんですね。なんとなく食わず嫌いというか、Firefox(ファイヤーフォックス)さえ使ったことはなかったんです。

で―、今回のGoogle Chrome(グーグル クローム)に続いて、ファイヤーフォックスでも見てみると、これまた見出し部分の表示がおかしい…。IEでは大丈夫なのに、グーグル クロームやファイヤーフォックスでは崩れてしまいます。

なんとなく「シンプルなHTMLだから問題ないだろう」くらいに考えていましたが、ちゃんとチェックすべきですね。今後はますます必要性が高まってくるでしょうし。IEの利用率は約7割。つまりそれ以外は3割もいるわけです。しかもIEの占有率はますます低くなってくるでしょうしね。これはSEO以前の問題です。なんだか恥ずかしい…。

ちなみに現在は、線ありの状態(IE)と線なしの状態(FF・GC)になってます。統一しようと思ったのですが、これはなんとなくです。

コメントを残す

このページの先頭へ