動画講座

リンクはテキストリンクで【第9回】

リンクの仕方は、内部リンクも外部リンクも同じ注意が必要です。

リンクはテキストリンクで

 リンクはテキストリンクで【第9回】

 

※以下は動画内の音声をリライトしたものです(※ご参考までに)

今回はリンクをする際のお話です。

インターネットの特徴のひとつと言えば“リンク”が挙げられると思います。
いろいろな情報を参照して閲覧するために張られるリンクですが、このリンクをする際に注意すべき点があります。

それはテキストリンクが望ましいということです。画像でもフラッシュでもなくテキストでのリンクです。

ちょっと具体的に見てみますと―
この<a>というタグに囲まれたテキストをアンカーテキストというのですが、このような構造でリンクをして欲しいということです。
今は、内部対策の話をしているのですが、これは外部リンクについても言えることですので注意してください。

このテキストでのリンクについては、次回でもう少し掘り下げます。
今回は短いですがこの辺で…

関連記事

  1. 動画講座

    キーワードの決め方。【第3回】

    SEOはキーワードの選定から始まると言ってもいいでしょう。→ …

  2. 動画講座

    見出しタグを論理的に使おう【第7回】

    SEOは、検索エンジンにいかにアピールするか。そしてそのキーワード…

  3. 動画講座

    画像にはalt属性で代替テキストを【第8回】

    どうしても画像でメニューを作りたい時は代替テキストは必須です。…

  4. 動画講座

    関連性のあるページ同士をリンクさせる【第11回】

    関連ページとのリンクのやりとりは外部対策にとっても非常に大切なこと…

  5. 動画講座

    アンカーテキストは、キーワードを含んだ具体的な内容で【第10回】

    リンク先のウェブページの内容が分かるようなテキストでなくてはいけません…

  6. 動画講座

    SEOとは?その目的は?【第1回】

    SEOって何か―。そしてその目的とは―。フガフガな音声解説付き動画です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. メルマガ

    Q:ヤフカテってどうなの?
  2. 最近の出来事

    マイクロソフトのヤフーの買収、いよいよ大詰め!?(08/04/22)
  3. メルマガ

    ムームードメインのドメイン一括取得サービスを利用する~期限切れドメイン探索編(3…
  4. どんなサイトからリンクを受ければいいの?

    関連性(レリバンシー)のあるサイトからリンクを得る。
  5. 逆効果

    FLASH(フラッシュ)を全面に使うことは避けましょう。
PAGE TOP