内部要素対策

  1. どのページにも適切で共通のメニューを(LPO対策)

    SEO対策にも欠かせない内容ではあります…メニューなどのリンクを作る際の注意点については扱いましたが、なぜメニューを設ける必要があるのか―、について…

  2. LPO対策(ランディングページ最適化)を始めよう。

    LPOとは、ランディングページ最適化と訳されます。LPOってご存知ですか?「ランディングページ最適化」と言われますが、現在はこのLPO対策も重要な要素と…

  3. SEOの効果を上げるために、1ページ内のリンク数は少なめに。

    グーグルのガイドラインにも記載されていますよ。1ページ内のリンクの数も重要な要素です。有効なSEO対策と言うよりも、マイナスの効果とならないために実践し…

  4. 階層の浅いサイト構造を心がける。

    少ないクリック数で、すべてのページにアクセス出来るようにします。階層の浅い構造のサイトは、当然のことながら少ないクリックですべてのページを見ることが可能…

  5. 更新履歴を掲載する。

    更新情報を掲載するという意味は?更新情報をサイトのどこかに掲載していますか?「新しい記事(商品)は掲載されたかな?」というユーザーのニーズに応えるために…

  6. SEOスパムの基礎?隠しテキスト(極めて小さい文字の場合)

    テキストだと判別できないくらい小さい文字も…あまりにも小さいサイズでテキストを書くことも、隠しテキストとして、SEOスパムに該当してしまいます。…

  7. SEOスパムの基礎?隠しテキスト(背景色と同色の場合)

    SEOスパムとしては、かなり知られたモノではありますが…SEOスパムになることとして、背景のカラーとテキストカラーを同色にして、訪問者にはテキストを見せ…

  8. キーワードの出現頻度はどれくらいが良いのか?

    あまり意識し過ぎるのもいけませんが…キーワードの1ページ内の出現頻度はどれくらいが良いのか…。ちなみに「キーワードの出現頻度」とは、例えば“…

  9. フレーム構造はSEOには不向きです。

    最近は、フレーム構造のサイトは、あまり見なくなりました…フレームを使ったサイトは、SEO対策には向いていませんので、フレーム構造のサイトの場合は修正…

  10. FLASH(フラッシュ)を全面に使うことは避けましょう。

    グーグルは、FLASH(フラッシュ)内部のテキストも読めるのですが…FLASH(フラッシュ)動画を知らない人は、ほとんどいないと思います。日頃からネット…

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. 動画講座

    見出しタグを論理的に使おう【第7回】
  2. SEOスパム

    リンクファームへリンクすることは…
  3. SMO

    ブックマーク登録ボタンを AddClips で一括で表示
  4. SEO関連用語集

    ダイレクトリンク(直リンク)
  5. コラム

    SEOの傾向は本当にコンテンツ重視に向かっているのか?
PAGE TOP