コラム

SEOの傾向は本当にコンテンツ重視に向かっているのか?

グーグルの判定基準はますます多彩に…。

googleは、コンテンツ重視の傾向へ?

SEOにおいて、以前は外部(被リンク)が8割、内部(コンテンツ)が2割―、と言われた時期もありました。
では現在は?ということになるのですが…。

単純にコンテンツに比重が移行したというわけではありません。
コンテンツが多ければ良い―、というわけではないんですね。
グーグルが何を評価するかが次第に変わってきたということです。

では、何を見て評価しているのかというと、”ユーザーの動き”です。

そもそも被リンク自体もユーザーの行動と言うことが出来るのですが、被リンク以外にも評価基準が増えてきたってことですね。

その評価基準は具体的に何かってことですが、グーグルを使って検索してみればよく分かるのではないでしょうか。

まずはサイトを訪れて―、コンテンツを巡回して―、あるいはすぐに離脱して―、ソーシャルメディアのボタンでも付いていればクリックしたり―、コメント欄でも付いていればコメントを残りしたり…、など、ユーザーの行動は多岐に渡るわけです。

コンテンツ重視の傾向になっているのは間違いはないと思いますが、そこにユーザーの視点があることを忘れないことが大切ですね。

関連記事

  1. Googleの変動

    コラム

    【業務連絡】Googleの検索結果変動について。

    昨日(23日)、今日(24日)と大規模な変動が起こっていま…

  2. もっとしっかりやりましょう

    コラム

    「SEO対策講座」を見習ってはいけないこれだけの理由。

    SEO対策講座を見習ってはいけません。…

  3. コラム

    鈴木将司氏について語ります。

    「こんなこと書いちゃって、鈴木さん怒りませんか?」大丈夫。…

  4. コラム

    Fw:『上司が年下割りキャンペーン | ハウスクリーニングならベアーズ』から考えるソーシャル時代の企…

    今回言いたいこととは違いますが…上司が年下って、実際はどんな感じで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. 炎上

    コラム

    美味しんぼに見る炎上“相乗り”マーケティング
  2. SEO対策

    SEO対策で2ヶ月半で結果を出した方法と事例
  3. SEO関連用語集

    オーバーチュア(Overture)
  4. メルマガ

    被リンク獲得のためにアフィリエイトシステムを利用する、ケンコーコムの例
  5. SEO関連用語集

    ネットマーケティング
PAGE TOP