全体像を伝える

パンくずリストを作成する。

現在の居場所を示してあげるのは重要なことです。

パンくずリストを用意しましょう。とりわけ大規模サイトなど、階層が深いサイトは用意したほうがいいと思います。

パンくずリストは、たどって来た道にパンくずを置いて迷わないようにするように、今どこにいるのかを分かるようにする目的があります。

ユーザーにとっては、今、サイト内のどの位置にいるのかが分かることに加えて、上層のページに行きやすく、関連ページを探しやすいというメリットがあります。

SEOとしては、クローラーがページを巡回しやすいこと。さらには関連ページ同士をリンクする効果があること。下層のページからのリンクを集めやすいことなどのメリットがあります。今いる場所となるテキストを<strong>タグで強調するのもいいでしょう。

下記は楽天市場のパンくずリストです。ご参考までに。

関連記事

  1. 全体像を伝える

    更新履歴を掲載する。

    更新情報を掲載するという意味は?更新情報をサイトのどこかに掲載…

  2. 全体像を伝える

    サイトマップ(site map)を作る。

    サイトマップ(site map)で、ユーザーも検索エンジンも迷子になる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. SEO関連用語集

    CGM(Consumer Generated Media)
  2. 高評価

    検索エンジンは、ページ数の多いサイトを評価する。
  3. Googleの変動

    コラム

    【業務連絡】Googleの検索結果変動について。
  4. SEO関連用語集

    ディレクトリ型検索エンジン
  5. SEO関連用語集

    ユニバーサル検索
PAGE TOP