高評価

階層の浅いサイト構造を心がける。

少ないクリック数で、すべてのページにアクセス出来るようにします。

階層の浅い構造のサイトは、当然のことながら少ないクリックですべてのページを見ることが可能です。

もちろん適切にリンクしていなければなりませんが、クローラーにとってもユーザーにとっても、ストレスの少ない構造を作るのは重要なことです。

ちなみに、ここで言う階層の浅いサイトとは、ディレクトリ構造が浅い―、ということではありません。深いディレクトリであっても、サイトのトップから浅い場所、すなわち少ないクリック数で到達できる構造であれば、それは“浅い階層”であるということができます。

もちろん、サイトの管理をしやすいように、ディレクトリとサイトの階層を同じ構造にしとくのも、ひとつの方法だと思います。

いずれにしろ、ユーザーにも、検索エンジンのロボットにも、余計なストレスを与えてはいけないということですね。

 

ホームページの階層の説明
階層を浅くして、少ないクリック数ですべてのページにアクセス出来る構造を。

 

 

関連記事

  1. 高評価

    キーワードの出現頻度はどれくらいが良いのか?

    あまり意識し過ぎるのもいけませんが…キーワードの1ページ内…

  2. 高評価

    検索エンジンは、ページ数の多いサイトを評価する。

    SEO対策には、ページ数の拡張も必要です。ページ数の多いサイト…

  3. 高評価

    古いドメインほど、SEOの効果は高いです。

    検索エンジンからの評価は、ドメインが古いほど高くなります。…

  4. 高評価

    中古ドメインはグーグルには通用しません。

    グーグルは、中古ドメインのバックリンクを無視します。古いド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Googleの変動
  1. メルマガ

    Q:ヤフカテってどうなの?
  2. メルマガ

    LPO(ランディングページ最適化)で、ユーザーのサイト滞在時間の増加、直帰率を低…
  3. SEO関連用語集

    デッドリンク
  4. 動画講座

    画像にはalt属性で代替テキストを【第8回】
  5. メルマガ

    見出しタグを使う時の注意点
PAGE TOP